今年のクリスマス…

こんにちは、アサヒです。
あっという間に11月も終わりに近づき、間もなくクリスマスがやってきます!
我が家の高さ90cmのクリスマスツリー、今年は子供たちの方が大きくなってるはず。

去年のプレゼントは『メルちゃんお世話セット』。
同じ物でないと争いの元になるので、全く同じ物を2セット。
そう、我が家は2セットだらけ。違うものを買えば交換して2倍楽しめるのに…と思うけど、同じ物でさえ相手が持ってるのが良く見えるぐらいなので。
可哀そうにメルちゃんやリカちゃんの足裏には、黒マジックで子どもの名前が書かれています(笑)

でも4才になり、段々好みに違いが出てきて、水色派とピンク派に別れてきました。
今はディズニープリンセスに夢中の二人。
水色の子はシンデレラ、ピンクの子はオーロラ姫がイチ押し。
なので、今年はプリンセスドレスをプレゼントしようかなーっと考え中。
そろそろプレゼントも押さえておかないと人気商品は品切れしちゃいますよね。

そして、家について。
昨晩のこと…。
子供をお風呂に入れ終わり、さー次は食事っという所に「ピンポーン」
「お世話になります、〇〇ハウスですー」と。
「先日、お母さまが展示場に来られてお話を伺い、プランを作りましたので息子さん宅にもお届けに上がりました!」と。
エーっプラン⁇
受け取った資料には二世帯住宅のプランが数パターン。
さすがイノシシ年のお義母さん。
まだ話し合いもしてないのに二世帯住宅で動きだした(-_-;)
主人も「おかんっ!早すぎや!」っと電話でクギを刺してたけど、
ひゃ~、二世帯は…と言いにくいではないか。
プラン図を見たら、どれも完全分離型だったので一安心したものの、
本当に二世帯住宅になってしまうのか⁇
我が家の年末年始は、家のことでザワザワバタバタしそうです。。。

はじめまして

はじめまして。
保育園に通う双子の娘達とドタバタな毎日を過ごすアラフォー母、アサヒです。
子供達も4才になり、かなり、いや相当にお世話自体にかかる時間が少なくなり、
自分の記憶の整理も含めて、ブログを初めてみることにしました。

今はまんまるほっぺで元気いっぱいだけど、
心拍が不安定になり、緊急帝王切開で30週に1269g、1293gで生まれてきた二人。
ガラスの箱の中で、小さな小さな体にたくさんのチューブが繋がれた姿を見た時は、
もう少しお腹の中で育ててあげれなかったことへの申し訳なさでいっぱいで…。
でも、小さいながらも元気に手足を動かす姿に一生懸命生きようとする力強さを感じたし、
私の指をぎゅっと握りしめてくれた二人にパワーをもらったアサヒでした。

子供たちが退院できたのは2300gになった2か月後。
それからしばらくは実家で母に助けてもらい過ごしたのですが、
さすがの母も夜は寝かせて…と。
夜はアサヒにとって恐怖の時間。
毎朝、外が明るくなってくると「朝が来たーっ」とホッとした記憶があります。

初めての育児、そして小さく生んでしまったことへの気負いから、
3時間毎の授乳や育児マニュアルをガチガチに守ろうとしてました。
その時その時が必死すぎて、2・3日先、1週間先のことを考える余裕も全くなく…
とにかく「ごめんね、ちょっと待ってねー」を連発してた気が。
一人だったらすぐ抱っこしてあげれるのに、
もっと丁寧にお世話してあげれるのに…という気持ちでいっぱいでした。
今思えばもっと気楽に、ほどほどで大丈夫だったんですけどね。

そのうち何とかせねばならぬ状況に 両手両足、頭、お腹、全身?を使い
そして、ある程度のあきらめも覚え、やり過ごせるようになったアサヒでした。